ChatGPT 起業家のススメ

ChatGPTを使いこなすコツ、知ってますか?対人関係にも役立つ使い方

ChatGPT、使ってますか?

 

ChatGPTに質問しても
思うような回答が得られない。

伝えたいことが伝わらない。

 

だから
ChatGPTは使わなくてもいいかな。

 

なんて避けていませんか?

 

ChatGPTに伝わらない言葉は、
ブログやSNS、人との会話においても
伝わりにくい言葉です!

 

ということは、

ChatGPTに伝わる言葉を選べるようになる

人との会話も伝わるようになる

とも言えますね^^

 

今回は、

ChatGPTからほしい回答が得られるようになる!
相手が人でもChatGPTでも変わらない
「伝わる伝え方」のコツ

をご紹介します。

 

ChatGPTに伝わる伝え方のコツ

 

ネット検索やSNS検索とは違う

多くの方が
GoogleやSNSなどに検索するとき、

「ブログ 書き方」
「#ブログの書き方」
キーワードを入力して検索します。

 

けれど、
ChatGPTに同じような聞き方をしても、
ある程度はChatGPTが想定して回答してくれますが、
あくまで「想定して」の回答です。

 

キーワードを“ぽん”と投げるよりも
会話するイメージで
文章にして投げかけるようにしましょう。

 

曖昧な表現では伝わらない

何となくの質問には
何となくの答えが返ってきます。

 

言わなくてもわかるだろう。

と高を括らず、
なるべく丁寧に、具体的に伝えましょう。

 

そのために抑えておきたいのが
数字と5W1Hです^^

 

具体的な数字を伝える

たとえば、

・いくつか教えて→◯個教えて
・わかりやすく→小学6年生にもわかる言葉で
・この文章を短くして→この文章を150文字程度にして
・反応率がいい→1000人以上がいいねするような
・バズる→10万人以上の人が見る

などのように、
具体的な数字を提示することで
欲しい条件に近づけることができます。

 

5W1Hを意識する

5W1Hとは
いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのように
の英単語の頭文字を取った言葉のことです。

 

ビジネスシーンにおいても
必要と言われるキーワードのひとつですが、
ChatGPTの活用においても
5W1Hを意識することで回答の精度が上がります。

 

What:ほしいもの、してほしいこと

Who:ChatGPTの役割、ペルソナ

Why:Whatの理由

Where:何に・どこで使いたいのか

When:つかいたい時期、または調べたい時期の特定

How:回答条件(箇条書き、◯個、◯文字など)

 

これらをすべて埋めなくてはいけない、
ということはありませんが、

意識することで
情報が抜けにくくなりますよ^^

 

ダラダラ書かず、簡潔に伝える

あれも知りたい。
これもやってほしい。

と1つのプロンプト(1回の入力)で
あれこれ提示しても
ChatGPTはその中の一部しか実行できないことがあります。

 

 

ChatGPTも完璧ではありません。

 

調べたいことやお願いしたいことは、
1度のチャットで1つずつ伝えるようにしましょう。

 

また、
ChatGPTはやり取りを記憶しているため、
何度も繰り返していると混乱することがあります。

その時は、
左上にある『New Chat』のボタンを押して
リセットすることで
すんなり理解されることもあるので試してみてくださいね^^

 

機械的に扱うのではなく、会話を繰り返すと精度向上!

必要だと想った情報を踏まえて
ChatGPTにお願いする。

そのうえで、

もう少し深掘りしたいな。
こんな切り口で調べたいな。

ということは
さらに会話を重ねましょう^^

 

また、
想うような回答が返ってこなかった場合も、

表現を変えてみたり
条件を追加してみたりしながら
会話を繰り返すことで、

より精度の高い情報を引き出しやすくなります。

 

人もChatGPTも、伝わる伝え方に共通する部分はある

いかがでしたか?
ChatGPTに限らず、人に対しても同じですよね。

 

「この仕事、早めにお願い」
と頼むよりも
「この仕事、◯日の午前中までにお願い」
と期日を伝えた方が明確です。

 

「テーブルをキレイにしておいてほしい」
よりも
「テーブルの上にあるものを片付けて、
 拭いておいてほしい」
と伝えるほうが、やるべきことがわかります。

 

子どもの頃、
校長先生の話が長くて
理解しにくかった。

という経験はありませんか?

会話も同じく、
1度すべてを伝えようとするよりも、
段階を踏んで伝える方がスムーズに進みます。

 

ChatGPTとの会話上手は
日常のコミュニケーション上手とも言えるのです(^_-)-☆

 

 

何度失敗しても、
ChatGPTに叱られることはないので

伝わる言葉の練習をするつもりで
活用してみてくださいね^^

 

あなたの想いが届きますように。

-ChatGPT, 起業家のススメ
-, , , , ,