SNS タイトル 言葉のチカラ

【Instagram】そのタイトルで大丈夫?トレンドを踏まえた読まれるタイトル

今までと同じように
インスタのタイトルを作っているのに
リーチが伸びなくなってきた。

その理由は、
時代遅れのタイトルを使っているから!
かもしれません。

あなたのタイトルは大丈夫でしょうか?

最近のトレンドに注目して、
チェックしてみましょう(^_-)-☆

トレンドを踏まえたタイトルづくりがカギ

インスタのタイトルには
流行り・すたりがあります。

たとえば、
「〇〇する方法」
というタイトルはよく使われる
効果的なタイトルです。

けれども、
多くの人が長らく使ってきたので
新鮮味は薄れてきています。

そのまま使っていては
ありきたりな印象になり
読まれにくくなってしまいますね。

読まれない壁を越えるためにも、
トレンドを踏まえたタイトルで
クリック率を上げていきましょう!

 

トレンドの変化

ノウハウや情報が溢れているからこそ、
「損したくない」
という感情を刺激する言葉が増えています。

そのため、
ノウハウ系のタイトルよりも

・失敗しない
・損しない
・時間をかけない

ことが伝わるタイトルが
最近のトレンドではないでしょうか。

後悔を伝えるパターンと
マイナスイメージのキーワードをご紹介しますね!

後悔型

やらなきゃよかった〇〇

二度とやらない〇〇

やらかした〇〇

失敗した〇〇

後悔してる〇〇

黒歴史、暗黒期

勘違いしてた〇〇

もし〇〇をやり直すなら

 

マイナスワード

NG〇〇(NG行動、NG行為、NGデザインなど)

伸びない理由

激減のワナ

嫌われる

人が離れる

〇〇できない人

〇〇の壁

残念な〇〇

〇〇の落とし穴

〇〇しないで

騙されないで

〇〇の闇

損したくない人が反応するタイトル20選

インスタの発見欄や、
あなたが保存した投稿に
使われているキーワードはありましたか?

こうした
「損したくない」「失敗したくない」
という傾向から、
今、求められているのが信ぴょう性です。

また、
情報変化の波が激しい今、
最新情報を求める読者も
増えているのではないでしょうか。

だからこそ、

1.信ぴょう性
2.新しさ

この2つをキーワードに活用することで、
反応率が上がると考えられます^^

先にご紹介した
後悔型やマイナスワードとも
組み合わせてタイトルをつくってくださいね(^_-)-☆

信ぴょう性のある実体験

〇〇したら△△になった

〇〇までに私がしたこと

〇〇ルーティン

〇〇徹底解説

自分史上1位

〇〇をガチった結果

〇〇の必勝パターン

なぜ〇〇は△△なのか?

〇〇ロードマップ

〇〇してわかった△△の共通点

新しさが伝わるキーワード

2024年の〇〇未来予想図

〇〇の新ルール

押さえておきたい〇〇

〇〇の最前線

今話題の〇〇

〇〇の最新トレンド

2024年〇〇はこうなる

最新〇〇

〇〇はもう終わり

〇〇のまとめ集

まとめ

いかがでしたか?

よく見かけるキーワードも
多かったのではないでしょうか?

ノウハウにあふれている今、
読者の目は超え、猜疑心も強くなっています。

だからこそ、
あなたの実体験を添えたり、
読者が知りたくなるであろうことを
先にチェックして導くことで

プロとして信頼され、
読まれるタイトルになるんです。

・後悔
・マイナスワード
・実体験
・新しさ

ぜひ、この4つを掛け合わせて
タイトルをつくってみてくださいね(^_-)-☆

 

あなたの想いが届きますように。

-SNS, タイトル, 言葉のチカラ
-, , , , , , , , ,