話し方伝え方 起業家のススメ

伝わる!読まれる!わかりやすい!”結論”の伝え方

”瞬間的に”
あなたの話を聞いてもらえるようになる
伝わる伝え方を知ってますか?

 

お客様に興味を持って聞いてほしい。
最後まで離脱されずに聞いてほしい。
読まれる文章を書けるようになりたい。

 

数ある商品、サービスの中から
選ばれる人になるために

伝わる、伝えられる言葉は
欠かせません。

 

必要なのは

お客様の聞きたい!知りたい!
を1番最初に引き出すこと。

 

今回は、

話をするとき。
文章で伝えるとき。

 

どちらにも共通する
”伝わる伝え方”をご紹介しますね!

 

シンプルに“結論”から!

やることは1つ。

 

前置きや、説明よりも
「結論」をズバッと伝えましょう!

 

 

子供の頃、
校長先生の話って長く感じませんでしたか?

 

しかも、
結局、何の話だったかわからない。
つまらないなー。早く終わらないかなー。

 

なんて感じたこと、ありませんか?

 

今になって思い返せば、
生徒たちに伝えたい想いが詰まった
大人になるうえで大切な話だったのかも。

とも想いますが、

そんな愛情や想いも
伝わらなければ相手の心を動かすことはできません。

 

どんなにいい話も、
どんなにタメになる情報も、

入口で興味関心の扉が閉ざされてしまっては
その先には進めないんです。

 

伝わらなければ、
起業家としてシゴトは成り立たないんです。

 

だからこそ、

「結論」から伝えることで
お客様が話を聞きたくなる準備を整えましょう!

 

とはいえ、こんな不安はありますせんか?

結論から言うと、
答えだけ受け取って
その先を聞いてもらえないんじゃないか?

 

その不安を解消するためにあるのが、
「伝わる言葉」なんです(^_-)-☆

 

続きを知りたくなる“伝わる言葉”

結論を最初に伝える理由は、

お客様の聞く姿勢、
聞く準備を整えるためです。

 

 

そして、
準備を整えるためにも、

 

単なる結論
ではなく
興味を惹く「伝わる結論」が大切です。

 

 

「伝わる結論」というのは

 

あなたの商品やサービスを購入すると、
「どうなれるのか?」

あなたのアドバイスを実践すると
「どんな結果が出るのか?」

 

という
未来や未来が見える言葉のこと。

 

未来が見えるから、
その未来に興味を持てるから、

その先も知りたくなるのですね^^

 

 

たとえば、

ライザップのCMは見たことがありますか?

 

「運動×食事管理でボディメイクします!」

など、
そのサービスで行われる内容を結論として
最初に映し出すCMと、

 

ライザップを受けた人の
ビフォーアフターがわかる
サービスで得られる結果や未来がわかるCM。

 

どちらの方が
続きを見たくなりますか?

 

(画像はホームページよりお借りしました)

 

ライザップと言えば

お客様の劇的ビフォーアフターの映像が印象的ですね。

 

あれほどの結果をどうしたら出せるんだろう?
何をしたんだろう?

 

そんな疑問、興味関心が
お客様を惹きつけて離さないんです。

 

 

話すとき、文章で書くとき、
自己紹介やプレゼンテーション、
ランディングページやホームページをつくるときも
同じです。

 

”伝わる結論”を磨き、
お客様の興味を一瞬で高めていきましょう^^

 

「聞く準備」を整えてから続きを伝えよう!

”伝わる結論”を先に伝えることで、

お客様の
話を聞こう、続きを読もう

という準備が整います。

 

そのうえで、

なぜその結論を伝えたのか?
なぜそれを叶えられるのか?
どのようにするのか?

などなど

根拠や理由、たとえ話を伝えることで

あなたの想い、ビジネスは
格段にわかりやすく伝わるようになります^^

 

準備が整っていないうちに

あれこれ説明したりおすすめしても
お客様に興味がなければ響きません。

 

伝わる結論を伝える

理由となる根拠を説明する

具体的に何をするのかを提示する

 

ぜひ、このステップに沿って
伝えてみてくださいね(^_-)-☆

 

あなたの想いが届きますように。

-話し方伝え方, 起業家のススメ
-, , , , , , , ,