キャッチコピー タイトル 言葉のチカラ

選ばれる商品は「言葉」が違う!「それほしい!」を引き出す言葉選びのコツ

選ばれる商品は、
選ばれる理由があります。

もし、特徴や条件がほとんど同じだとしたら、
その大きな違いは
「言葉」
ではないでしょうか?


毎年、毎月、、、
いえ、毎日のように
「新商品!」「新企画!」「大セール!」
などと打ち出されていて
買えないものはない時代。


ほしいと想えばいつでも買えるし、
今買わなくても困らない。

どれも同じに見えるから
目についたものを買う。

大して吟味せず、
自分の定番商品、定番メーカーを買う。

などの傾向が高まっています。

今回は、
一言でいうと
「水が飲める機械」
であるウォーターサーバーを参考に、

”選ばれる”ウォーターサーバーになるための
言葉のチカラをご紹介します!

ぜひ、自分の商品・サービスに置き換えて
一緒にトライしてみてくださいね^^

お客様がほしくなる理由を知ろう!

まずは
お客様がほしいと想う理由を
たくさん書き出してみましょう^^

ここでは、
まだ他との差別化は
考えなくてOKです^^

たとえば、
ウォーターサーバーであれば
こんな理由がありませんか?

安心感

赤ちゃんにも飲ませられる
常に衛生的な水が飲める
いつでも飲める

手軽さ

重い水を買わなくて良くなる
お湯を沸かさなくていいので時短になる
赤ちゃんのミルク作りが簡単
子どもでも簡単に注いで飲める


健康、環境配慮

水を飲む習慣がつきやすい
料理の味が良くなる
ペットボトルゴミを削減できる

などのように、どんどん出していきましょう!

他との違いをチェック!

一言でウォーターサーバーといっても
タイプは様々。

どんな特徴があって、
どんな違いがあるのでしょうか?

こちらも書き出してみましょう!

宅配水タイプ

ウォーターサーバーが注目された頃に
よく見かけたスタンダードなタイプ。

水のボトルをサーバーにセットし、
なくなったら交換するタイプです。

・天然水やRO水を手軽に飲める
・買い物に行く必要がなくなる
・ペットボトルゴミを減らせる
・災害用の備蓄水になる

などの特徴があります。

浄水(水道直結)タイプ

・重いボトルを交換しなくて良いので
 高齢者や女性でも使いやすい。
・給水不要
・ボトルを買わないのでコストを抑えられる

などが大きな特徴ですね。

浄水(水道水補充)タイプ

高齢者や女性でも使いやすく、
ボトルを買わないためコストを抑えられる。

という点では
水道直結タイプと同様です。

違いは、
・水栓工事をしなくていいので
 賃貸でも気軽に利用できる。
・1日どれくらい飲んでいるのか把握しやすい。
・スペースとコンセントがあれば好きな場所に置ける。

などがあります。

選ばれるようになる2ステップ

まだまだ、
当たり障りのない特徴ですよね。

これでは、どれを選んでも同じです。

なぜなら、
数あるウォーターサーバーの中から
たった1つを選ぶ理由、決め手がないから。

他との違いが
わかりやすく言葉にされていないから
選ばれない
んです。

次の2ステップで、
よくあるウォーターサーバーから
”選ばれる”ウォーターサーバーに
チェンジしていきましょう(^_-)-☆

ターゲットを絞ろう!

色んな人に届けたい。
と想ってしまいがちですが、
誰にでも売りたいものは誰にも売れません。

まずは、
「誰に売りたいか」
を決めきって、
その人に向けた言葉を作っていきましょう!

絞れば絞るほど選ばれやすくなりますが、
今回は仮に、

「0歳と4歳のお子さんがいるママ」

に絞ってみましょう^^

シーンを想像しよう!

届けたい相手を決めたら、
次は
その人に成り代わって
様子や感情を想像していきましょう!

「0歳と4歳のお子さんがいるママ」
の暮らしにウォーターサーバーがあったら
どう変わるでしょうか?

どのようなシーンで使う?
この商品を使うのはどんなタイミング?
誰と一緒に使う?
誰のために使う?
どんな気持ちのときに使いたい?
この商品があればお客様の生活がどう変わる?


など、リアルに言葉にしていきましょう!

たとえば、、、

赤ちゃんがミルクを飲みたくて泣いてる!
お湯が沸くまで待ってて〜。
はぁ。すぐにお湯が使えたらいいのに…。

今まで気にならなかった水道水の匂いが気になる。
赤ちゃんには良いものを使ってあげたいな。

ずっと抱っこしてるから両手が開かない。
ペットボトルの蓋が開けられないから
水分補給が減ってきちゃった。

上の子が喉乾いたって言ってるのに
おむつ交換中ですぐ行ってあげられない。
いつも待たせちゃってごめんね。

温かい飲み物飲みたいけど、
一杯のためにお湯沸かすのは面倒だなぁ。

などなど。

これらの悩みや感情が、
ウォーターサーバーを使うことで解消されるんだ!

とわかったら買いたくなりませんか?

欲しくなる理由×他との違い×シーンを言葉にしよう

ここまで準備できたら、
書き出した
欲しくなる理由や他との違い、
絞り込んだ相手とシーンを掛け合わせて

言葉を創っていきます^^

「0歳と4歳のお子さんがいるママ」
をイメージして考えたので、
参考にしてみてくださいね(^_-)-☆

ママの”あったらいいな”をカタチにしました!
赤ちゃんが泣いても待たせない!
スイッチ1つで
ベスト温度のミルクがつくれる
ウォーターサーバー

純粋無垢な赤ちゃんにキレイな水を。
いつでもフレッシュ!
安心安全な水を使って
おいしい離乳食を作りませんか?

ママが飲んだもので母乳は作られます。
赤ちゃんのためにも、
身体に良い水を手軽に飲んでもらいたい。
とことん「水」にこだわった
ウォーターサーバーを開発しました!

4歳の「自分でできるもん」が叶う!
チャイルドロック付きウォーターサーバーで
”自分で”お水を汲める達成感を!
赤ちゃん優先で待たせる罪悪感からも開放されて
ママも上の子もHAPPY♪

まとめ

いかがでしたか?

同じような商品。
次から次へと登場する商品。

多くの商品、サービスの中から
選ばれていくために、

1)商品やサービスの特徴を知ること
2)「誰のため」を絞ること
3)相手に成り代わって想像し、悩みを見つけ出すこと

そして、それらを
言葉にして表現していくこと。

が必須となってきます。

選びきれないほど多くの
商品、サービス、情報に埋もれない
言葉のチカラを得た人から
選ばれる人になっていけるのです。

ぜひ、置き換えてみてほしいです^^

  

あなたの想いが届きますように。

-キャッチコピー, タイトル, 言葉のチカラ
-, , , , , ,