キャッチコピー 言葉のチカラ

【事例付き】キャッチコピー作り3つのポイント

キャッチコピーをつくりたいのに作れない。
作れないから、次のステップに進めない。

そんな方のために、
今回は
キャッチコピーの作りのポイントを
事例付きで3つご紹介します^^

そもそも、キャッチコピーって?

キャッチコピーとは、

宣伝や広告などに使う
相手に興味を持たせて、
心を惹きつける
ように工夫された
短い言葉

のことです。

例えば・・・

日本航空
「明日の空へ、日本の翼」

株式会社ロッテ
「お口の恋人」

ファミリーマート
「あなたと、コンビに、ファミリーマート」

キユーピー
「愛は食卓にある」

味の素株式会社
「あしたのもと」

ニトリ
「お、ねだん以上」

などがありますね。
1度は聞いたことがある
キャッチコピーも多いのではないでしょうか?

1:さぁ、誰に届ける!?

まず考えてほしいのが
誰に伝えたいか?

ということ。

大人?子ども?
年齢は?
どんな生活?
どんなシゴト?
1日の多くを過ごす場所は?
作ったキャッチコピーを目にするタイミングは?
どんなことに困ってる?
どんなことが好き?
性格は?
毎日欠かさない習慣は?
よく見るテレビ
好きな雑誌

などなど、
届けたい相手をリアルにイメージしましょう。

世界中の人に
日本中の人に
いきなり届けようとするのではなく、

あなたが1番届けたい人のことを
徹底的に考え、書き出してみましょう!


難しそう・・・。
ちょっと面倒くさいかも・・・。


なんてよぎった方も、
もしかしたらいるかもしれませんね^^;

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」
という言葉もありますが、

相手を知らなければ
求められていることも、
相手が欲しい言葉も、
目に留まるキーワードもわかりません。

ぜひ、えいやっ!と
チャレンジしてみてくださいね^^

「相手を"知る努力”から始めよう(^_-)-☆」

2:あなたの"想い”、もっと教えてください

同じような価値ではなく、
「あなただから」届けられる。
「あなただから」伝えたい。

そんな特別感のある価値を伝えましょう。

それは、
相手を想う心であったり、
まさか!という驚きであったり、
希望を込めていたり。


冒頭でご紹介したキャッチコピーで言うと

キユーピーの
「愛は食卓にある」というキャッチコピーには

食卓は
家族のぬくもりを感じたり
感謝する心を養う機会でもあるなど、
栄養素を摂ることあだけが目的ではなく
愛がある場所でもある。

という想いが込められています。

また、
ニトリの「お、ねだん以上」

値段以上の品質、価値がある。
お客様の期待を上回る値段設定。

などが伝わるキャッチコピーです。

何を届けられる人なのか、
キャッチコピーという短い言葉に込めて、
伝えてくださいね^^

「想いやりとサプライズを届けよう(^_-)-☆」

3:感情を呼び覚まそう

思わず目に留まる
なんだか気になる
つい買いたくなる

これらのキャッチコピーの多くは
相手の心に響く言葉を使っているんです!

ワクワクする気持ちや
嬉しくなる気持ちを引き起こすことで、
人の購買意欲は上がります。

例えば
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが
2022年に出したテーマは

「NO LIMIT! ぶっとべ!ここは超元気特区」



どんな感情になりますか?

躍動感溢れる言葉で、
大人も子どもも遊びの本能が解き放たれる。
誰もが日々のストレスなどから開放され、
元気いっぱいになれそうではありませんか?

他にも
子ども心や懐かしさなど、
人の記憶
感情を呼び覚ますスイッチであることも多いです。

最初のステップで描いた届けたい人の
どんな感情を呼び覚ましたいですか?

「記憶と感情にアプローチしよう(^_-)-☆」

いかがですか?

届けたい相手を知り、
あなたの想いを詰め込み、
記憶と感情にアプローチする。

ただただ
伝えたいことを伝えるだけでは
心に響きません。

響かない言葉は、
記憶にも残りません。

キャッチコピーは
あなたを見つけてもらう看板のような言葉です。

ぜひ、会いたくなる看板にしてくださいね^^

あなたの想いが届きますように。


-キャッチコピー, 言葉のチカラ
-, , , ,