ライティング

時間効率・生産性がUPする言葉の活かし方

時間がない。
もっと生産性を上げたい。
想いが伝わりにくい。

 

その悩み、

言葉を活かして

解消しませんか?

 

 

言葉が薄いから、伝わらない

時間をつくり、
生産性も上げたい。
相手に伝えたい。

 

それならば、
あなたが使う言葉を濃くすることが大切です。

 

長々と説明するのではなく、
3秒で伝えるつもりで
言葉を
凝縮してみませんか?

 

どんなに伝えたくても、
言葉がまとまっていないと

内容のつかみどころがなく、
相手に伝わりません。

伝わらないから、
もっと説明しなくてはいけない。

伝わらないから、
決まらない。

伝わらないから、
信頼されない。

 

伝わらないって、
もったいないんです。

 

 

今回は、

あなたの言葉を濃くして、
想いが届く言葉にするための
3つのヒントをお届けします。

 

1. 誰に・何を・どう・伝える?

あなたの言葉が
どんなに素晴らしいものでも、

届けたい相手にとって

これが知りたかった!
気になる!

と気付いてもらえなければ
見逃されてしまいます。

 

だからこそ、

あなたが届けたい人は
どんな人なのか?
どんな言葉が響くのか?
どんな言葉を探しているのか?
あなたの言葉に触れるのは
いつ、どんな媒体なのか?

 

いかに相手に成り代わって
言葉を探せるかどうかが重要なんです。

 

 

例えば
子ども向けのおもちゃを買ってほしいときに、

そのおもちゃで遊ぶ子ども
に向けて伝えるのか。

そのおもちゃを買う大人
に向けて伝えるのか。

 

使う言葉は違いますよね。

 

相手を明確にすればするほど、
伝わる言葉を選びやすくなりますよ^^

 

 

2. 情報収集

 

伝えたいことへの
理解が深ければ深いほど、

言葉を濃くすることができ、
伝え方のバリエーションも
増やすことができます。

 

そして、
理解が深くなるからこそ

あなた自身の

「伝えたい」

という想いや自信も強くなり、
より一層、
言葉のチカラが磨かれます。

 

情報収集のコツは
集める場所を限定しないこと。

 

・テレビを見ながら
・ウェブサイトやSNSから
・雑談の中から
・五感を使いながら
・あなたの実体験から

 

などなど
情報は日常のいたるところにあるので

探してみてくださいね^^

 

 

3. Twitterで言葉を凝縮してみよう!

Twitterで
1度に投稿できるのは
140文字まで。

言葉を濃くしないと
140文字で伝えることはできません。

だからこそ、
濃い言葉を
短い時間でつくる
トレーニングができますよ。

 

プラスα、
一度アウトプットすることで
記憶への定着率もUPしていきます^^

 

 

日常で感じたことや
本や漫画の感想、
今日のできごと
おいしかった料理について

など。

言葉を濃くするトレーニングにも
チャレンジしてみてくださいね!

 

 

いかがでしたか?

時間効率・生産性UPが叶う
言葉を濃くする3つのヒント

 

1. 誰に・何を・どう・伝える?

2. 情報収集

3. Twitterでで言葉を凝縮してみよう!

 

ぜひ、試してみてください^^

 

あなたの想いが届きますように。

 

 

 

 

 

 

-ライティング
-, , , ,