ライティング

読み手の反応が増える”絞り込み”テクニック

「お客様と出逢いたい」
「お客様に見つけてほしい」

そんな思いから、
多くの人に届けようとしていませんか?

実は、幅広く届けようとすればするほど、
数えきれない程の言葉が溢れている中に
あなたの想いは隠れてしまい、
届きにくくなってしまいます。

見つけてもらうためには、
勇気を出して
情報を絞り込むことが重要です。

今回は、
あなたの言葉が届きやすくなる
絞り込みのテクニックをご紹介します!

カクテルパーティー効果

「カクテルパーティー効果」というのを
聞いたことはありますか?

これは、カクテルパーティのような
ざわざわしている場所や
多くの人が雑談している中でも、

自分に関係のあることや
興味のあることは
自然と耳に入ってくる。
聞き取ることができる。

という効果のことです。

 

 

この効果は、情報を限定すればするほど
「自分のことだ!」
と気付いてもらいやすくなるんです^^

 

例えば、
「いつか起業したいあなたへ」
よりも
今後3年以内に起業したいあなたへ」
と期間などの条件を限定する方が
より自分事として興味を惹かれます。

カクテルパーティ効果を
文章や言葉にも応用して、
届けたい人に気付いてもらいましょう!

 

「欲しい!」が高まる"限定感"

いつでも、どこでも、誰でも買えるものは、
いつになっても買われません

「数量限定○個限り!」
「お申込みは残り○名様で終了!」
「1年連続満員御礼を叶えた“たった一つ”の方法」
「発売初日に売り切れになったあのゲームソフトが
東京・渋谷の○○に限定30本入荷!」

などのように
今しか買えない!
ここでしか買えない!

という限定感が、
人の心を動かすキッカケになります。

数量や人数、期間、地域、会員限定
など
何個でも、誰でも、
いつでも、どこでも手に入るものではない。

そんな状態であることを伝えると、
後回しにされることや
忘れられることを回避できますよ。

 

感情に触れ、共感を得よう

人は感情でモノを買い、
理屈で正当化する

と言われるように、

感情や共感、センスが
モノゴトを決める
最初の判断基準の多くを占めています。

「欲しい!」という
気持ちが湧き出る言葉。

「そうそう!」
と共感できる言葉。

相手がどんなことに悩み、
どんなものを欲しいと
思っているのか。

相手の気持ちをキャッチする言葉を
想像し、探し、
欲しい時に欲しい物を
目の前に差し出しましょう^^

 

まとめ

1.カクテルパーティー効果
2.「欲しい!」が高まる限定感
3.感情に触れ、共感を得よう

あなたはどんな言葉で
これらを表現しますか?

誰かに届く言葉ではなく、
絶対に届けたい人を意識した
情報に絞りましょう!

 

あなたの想いが届きますように。

-ライティング
-, , , , ,