キャッチコピー 言葉のチカラ

春休みに旅行客を呼び込む観光地のキャッチコピー

 

観光地のキャッチコピーに
心に残っているものはありますか?

 

有名なものに
「そうだ、京都へいこう。」

というキャッチコピーが
ありますよね。

 

これで、京都へ行きたい!

そう思った方も多いはず!

 

今回はそんな
観光地のキャッチコピーの中でも、

春休みに旅行客を呼び込む
観光地のキャッチコピー

をご紹介します。

 

1.大人の休日倶楽部

どんな桜を見たかで思い出す。そんな春も素敵ですね。|大人の休日倶楽部 2014

吉永小百合さんを起用した

新潟県上越市の
高田公園の夜桜を嗜む様子が描かれたポスター。

去年はああだったな。
あの年はああだったな。

桜を見ながら、
そんな思いにふけった経験ありませんか?

 

2.JR東海

春はあけぼの。枕草子は最高のガイドブックでした。|JR東海 2019

こちらも「そうだ 京都、行こう。」の2019年春キャンペーン。

「まだ知らない京都を楽しむなら、朝の京都」

京都の素敵な朝がすぐに想像できそうな
キャッチコピーです。

 

美しい桜に出会おうじゃないですか。この1年を前向きに生きるためにも。|JR東海 2015

「そうだ 京都、行こう。」の2015年春キャンペーン。

桜をみると1年の始まりを感じますよね。
そんな始まりに素敵な桜をみると、
「いいことありそう」
「素敵な1年にしたい」
そんな気持ちになりますよね。

 

さきたての春を、迎えにきました。|JR東海

旅行や観光ではなく、
迎えに行くとは斬新ですね。

そんな、
早くきた春を、

誰よりも先に
迎えにいきたくなるような
キャッチコピーですね。

 

3.JR 東日本

ああ、きてよかった。TOHOKU Relax|JR 東日本

東北の魅力を伝えるJRの広告。

ああ、きてよかった。

シンプルですが、
ほっとする感じや
癒された感じが伝わってきますよね。


岩手山を背負って、その木は花を咲かせる。
広い牧場に凛々しく立つ。
孤独ってそんなに悪いもんじゃないぞ。
そんなことを言われてる気がした。

孤独でも素晴らしく咲き誇るのも悪くない。
そんな勇気がもらえそうな言葉です。

 

その線路の跡は、桜のトンネルになった。
全長3キロ。
春の風に背中を押されながら歩くと自然と手をつなぎたくなる。

自然と手を繋ぎたくなる相手は
誰でしょうか?

「この人と行きたい!」
そんな想像をさせてくれる言葉ですね。

 

シダレザクラに惹かれる。
大人になったからだろうか。
風に泳ぐ桜の向こうに
あのひとに似た背中がみえた。

 

子供の頃はわからなかった
シダレザクラの魅力に
気づける歳になった自分。

あの時連れてきてくれたあの人に
想いを馳せる瞬間。

そんな素敵な瞬間を
味わいたくなります。

 

is Beautiful 伊豆|JR 東日本

伊豆の春です。美しい早春の河津桜をお楽しみください。

「is Beautiful 伊豆」
耳に残りそうなキャッチフレーズですよね。

ひと足先に
色濃い春を感じに
いきたくなりませんか?

 

恋する北総、江戸トリップ とーんときたっ!北総|JR 東日本

江戸を支え、江戸とともに発展した北総四都市。
成田空港からも近いこれらの都市は、
世界から一番近い「江戸」でもあり、
江戸情緒を体感することができます。
「とーんときたっ」は江戸弁で「惚れた」という意味。
胸が高鳴る、心が躍る、江戸体験がここから始まります。
春風に誘われて、ときめきの旅へ。

JR東日本の春の観光キャンペーン。

「とーんときた」というフレーズに
なんだか心も踊りませんか?

 

まとめ

皆さんが心惹かれるキャッチコピーは
いくつあったでしょうか?

ワクワクする感じや切なさを表現する、

「春らしさ」
を感じられましたよね。

 

何気なく見ている、
駅の構内や電車の中にも、

観光地のキャッチコピーが沢山ありますので、

是非、
通勤途中やお出かけ際に
見つけてみてくださいね。

-キャッチコピー, 言葉のチカラ
-, , , , , , , , , , , ,