ライティング 言葉のチカラ

【要チェック!】あなたは大丈夫?起業家がやりがちな言葉のミスチョイス!

あなたが使っている言葉。


もしかしたら
ミスチョイス!!

かもしれません・・・。

こんなお悩み、ありませんか?

 

伝えてるつもりなのに、
想うように伝わらない。

 

伝えようとすればするほど
相手の表情が曇ってくる。

 

自分の商品、サービスのことなのに
魅力的に伝えられない。

 

人が集まらない。(集客できない)

起業家にとって
「伝わらない」というのは、
「ビジネスが成立しない」ということ。

大問題です!!

この原因となるのが
言葉のミスチョイス

言葉の選び方を変えることで
解消できますよ(^_-)-☆

 


ついやってしまう
ミスチョイスをしていないか、
チェックしていきましょう^^

 

相手も知ってる言葉を使っていますか?

あなたが知っている言葉
イコール
相手も知っている言葉

 

とは必ずしも限りません。

 

当たり前のように使っている言葉、
実は、、、
業界の専門用語だったりしませんか?

例えば

ネイリストさんが
ネイル初心者のお客様に
希望の爪の形を聞きたい時、
「ラウンドにしますか?オーバルにしますか?」
と言って伝わるでしょうか?


子育てに悩むママに
「幼少期から
ノンバーバルコミュニケーションを
意識しましょう!」
と言ってすぐにピンとくるでしょうか?


お客様は、
「自分の知らない言葉」
で伝える人の話は聞きません。


いえ、聞けません。

 

 

常に
相手が使う言葉
を意識して使ってくださいね^^

結論や効果ばかり伝えていませんか?

このサービスで若返り!
◯年でいくら貯金できます!
1ヶ月で100万円稼ぐ方法!
学年1位の勉強法!

 

などのように

 

こうなれます!
ああなれます!

ばかりでは、、、

 

選ばれません。

なぜなら、
情報はいくらでも溢れているから。

 

お客様は毎日のように
良いモノを見て、知って、
勧められているんです。

 

つまり、
お客様は日々賢くなり、
目は肥え、
選び放題
であるということ。

 


多くの商品やサービスの中から、
選んでもらうためには



お客様の心を動かすことが必須!

 


「モノ」を買うのではなく
「ヒト」を、「ストーリー」を買っている。
と言っても過言ではないでしょう。

 

あなたの想い。
この商品・サービスを世の中に広めることで
どんな世界が実現するのか。
なぜ、あなたは
この商品・サービスを届けたいのか。

 

理論や理屈、
この商品はこんなにすごいんだ!

 

ということばかりではなく、



お客様の感情を動かす言葉を、
あなたの物語
あなたの商品・サービスの物語を、
語っていきましょう!

 

気づかないうちに「説得」しようとしていませんか?

伝えようとするほど
相手の顔が曇ってしまう、、、

 

というときは、
「説得感(売られている感)」が
強くなっているのかも。

 

説得感を減らし、
かつ、
わかりやすくなる伝え方は、

たとえ話を活用すること!

 

たとえ話には
「説得」ではなく
「納得」させるチカラがあります。

 

スポーツ
料理
子育て
音楽
テレビ番組

 

たとえ話を活用することで、
自分ごとに置き換えてイメージできると、
あなたの話は伝わりやすくなります。

 

リアルにイメージできればできるほど、
もっと知りたい。
もっと聞きたい。

という感情を引き出せるので

 

説得感、売られている感を
減らすことができるんです(^_-)-☆

 


相手の身近なモノを用いて
たとえ話で間接的に伝えてみてくださいね^^

 

 

いかがでしたか?

1)相手が知っている言葉を使おう!
2)ストーリーを語ろう!
3)たとえ話の活用で説得感を納得感に変えよう!

 

言葉を変えることで
「伝わらない」は「伝わる」に
変わります^^

ぜひ、トライしてみてくださいね!

 

あなたの想いが届きますように。

-ライティング, 言葉のチカラ
-, , , , , ,