キャッチコピー 言葉のチカラ

一瞬でわかりやすくなる!「数字」を使った伝わるキャッチコピー

キャッチコピーを作るとき、
「数字」を活用していますか?

数字は、
「万国共通の決断可能言語」
です。

今回は、
数字を使ったキャッチコピーをご紹介するので、
キャッチコピーを作る時のヒントにしてくださいね^^

がんは、万が一じゃなく二分の一。

日本対がん協会より

「万が一」という言葉と
「二分の一」という言葉の対比によって、
「がんは、決して他人事ではない」
という印象的な注意喚起になりますね。

3年連続で、偉大な品質となった

イメージ画像

毎年話題になるボージョレ・ヌーボーを表すコピーにも
たびたび数字が使われます。

「3年連続で、偉大な品質となった」

の他にも

・ここ10年で最高
・2017年、2015年、2009年と並び、
 珠玉のヴィンテージとして歴史に刻まれるでしょう

などがあり、特別感を感じられますね。

ただいま、14年待ちです。

アステラス製薬/日本臓器移植ネットワークより

このキャッチコピーの全文は

「ただいま、14年待ちです。
腎臓移植の平均待機期間は、
約14年6カ月。

臓器提供は、命のシェアです。
YESでもいい。NOでもいい。あなたの意思表示を。」

というもの。


「14年」という年月を
自分の命に置き換えたとき、
考えさせられるキャッチコピーですね。

「数字」=「万国共通の決断可能言語」

いかがでしたか?

「多くの人が」
2人に1人が

「今年も」
3年連続

「長い期間待っている」
14年待ち

のように
数字を活用することで

わかりやすく具体的になり、
印象に残るキャッチコピーを
作ることができます。

他にも
・3分で
・ステップは2つだけ
・100%オーガニック
・10人中9人がリピート

など
あなたのビジネスにおいて
数字を活用できる部分はありませんか?

ぜひ、探してみてくださいね^^

あなたの思いが届きますように。

-キャッチコピー, 言葉のチカラ
-, , , , , ,