キャッチコピー タイトル ライティング 言葉のチカラ

【簡単!】ありきたりな言葉を差別化して選ばれる人になろう!

ライバル・同業の中でも
選ばれる人になりたい!

けれど、、、

言葉がありきたり
どこかで聞いたことがある
抽象的
他の人も言っている

と差別化できずに悩んでいませんか?

今回は、
読んでやってみるだけで
ありきたりな言葉が
"あなたならでは”の言葉に変わる

差別化のステップをご紹介しますね(^_-)-☆

売るのではなく「感動」を与えよう

まず、
「売る」「売りたい」
を一度横に置きましょう^^

売ろう売ろうと思うほど、
言葉はありきたりになります。

売るのをやめて
「感動」を与えませんか^^?

あなたの商品やサービスを
手に入れることで、

お客様は
どんな感動を得られるのでしょうか?

あなたが手渡せる感動を
「言葉」にして表現しましょう^^

それができないから困ってるんだよ〜!
という方、、、

ありきたりでもいいです!

まずは、
伝えたいことを書いてみてくださいね。

頭で悩んでいるだけでは
何もハジマリません(^_-)-☆

たくさん書けば書くほど
言葉の可能性は増やせますが、
まず1つ!

書いてみましょう^^

・・・
書けましたか?

では、次のステップです!

抽象的な表現をやめて具体的な表現にしよう

あなたが書いてみた言葉を見て、
抽象的な言葉はありませんか?

抽象的な言葉というのは
リアルにイメージできない。
あいまいなもの。

たとえば、
「心を込めたおもてなし」
「幸せを感じる、心地よい瞬間を提供」
という言葉を見て、
具体的にイメージが湧きますか?

そのイメージは、
相手と一致するでしょうか?

抽象的な言葉=NG
ということではありません^^

抽象的な言葉だけでは、

伝える側(あなた)が想い描いていることと、
受け取る側(相手)がイメージすること

ギャップ(違い)が生まれる。

ということです。

そして、
抽象的な言葉は誰でも使えるんです。

先ほどの
「心を込めたおもてなし」
で言うと、

どれほど心を込めていても、
実はマニュアル通りに
こなしているだけでも、

言葉としては
「心を込めたおもてなし」
であり、
違いがわかりませんね。

違いがわからなければ、
お客様は選びません。

だからこそ、
抽象的な表現をやめて、
具体的な表現に変えていきましょう^^

「描写のチカラ」で具体的な表現に!

どうやって
具体的な表現に変えるの?

と思ったあなたに、
「描写のチカラ」をプレゼント!

・どんな風になれる
・どんなこと(未来)が待ってる
・どんなお得なことがある

がわかるような言葉をプラスしてみましょう^^

「心を込めたおもてなし」
に描写をプラスすると・・・

▼ ▼ ▼

「特別なサプライズが広がる
 心を込めたおもてなし」

「おもてなしのプロフェッショナルが織りなす
 心を込めたサービス」

「心温まる対話で
 愛される気分になれるおもてなし」

「季節感あふれる演出で
心地よい感動と思い出が刻まれるおもてなし」

などいかがでしょうか?

描写をつけることで、
お客様は選びやすくなりますし、
ありきたりな言葉との差別化もできます。

「売る」を「感動を与える」
という捉え方に変え、

あなたが与えられる感動を言葉にする。
ありきたりな言葉でOK!!

そして、
描写をプラスして
お客様に具体的なイメージを
言葉で手渡していく。

これだけで、
簡単に「差別化」できる
言葉へと生まれ変わりますよ(^_-)-☆

「習うより慣れろ」
とも言いますが、

ぜひ、トライしてみてくださいね^^


あなたの想いが届きますように。

-キャッチコピー, タイトル, ライティング, 言葉のチカラ
-, , , , , , ,