ライティング 言葉のチカラ

【今すぐ買いたくなる言葉】“限定感”でお申し込みが止まらない年末を。

お客様を動かす言葉を使っていますか?

年末に向けてお申し込みがほしい。
キャンペーン出してるのに申し込まれない。
SNSのクリック率は上がるのに、申し込みに繋がらない。

その原因は、
「今すぐほしい!」
「今買わなきゃ!」
今すぐ買いたくなる言葉
足りないのかもしれません。

今回は、
言葉のチカラで
お客様の購買意欲が上がる
5つの「限定感」をご紹介しますね。

人は「限定感」に心が動く

こんな経験はありませんか?

・数量限定のクリスマスセットを買ってしまう
・おでかけすると、お土産を買いすぎてしまう
・楽天スーパーセールが始まると、つい買ってしまう
・スーパーなどで30%引きシールが貼られていると
 通常価格の商品があってもつい買ってしまう

これらは、
さまざまな「限定感」によって
あなたの購買意欲が刺激されているんです。


ぜひ、一つずつ試して
お申し込みが止まらない起業家に
なってくださいね(^_-)-☆

それでは、見ていきましょう!

時間的限定感

◯日まで
◯時まで
あと◯時間

という時間的な限定感は
誰しも共通する締切のためわかりやすく、
「今だ!!」という感情を動かしやすいです。

しかし、
締切までの期間を長くしすぎると
「まだ大丈夫」
「まだいいかな」
と後回しにされる可能性も上がります。

時間的限定感を出すときは
・期間を長くしすぎない
・残り時間をわかりやすく出す
ことに気をつけましょう。

カウントダウンタイマーなども
わかりやすいですね^^

<活用例>

新しい小冊子をリリース予定!
この小冊子を手に入れられるのは
あと24時間限定です!

締切まで残り3時間!

20時までのお申込みの方に特別プレゼント!

金銭的限定感

人は損をしたくないもの。
せっかく買うのなら、
なるべくお得に買いたいと想いませんか?

安ければいい!
ということはありませんが、
金銭的な限定感は人の心を強く惹きつけます。

ここぞ!というときに
活用してみてくださいね。

<活用例>

・来年から価格が変わります。
 現行価格での提供は年内まで!

・年内お申込みに限り◯%OFF!

・地域最安値×年末還元セール開催中!

数的限定感

◯人限定
残り◯名様
1日限定◯個

のように人数や個数が限られているものは
「乗り遅れたくない!」という感情が強くなります。

希少価値を高めることで、
価格よりも価値で選ばれやすくもなります。

<活用例>

前回2時間満員御礼だったセミナーが復活!
10名限定でご招待!

好評につき、3名様のみ増席しました!

1日50個限定のため、お一人様1個限り!

場所的限定感

旅行先のお土産
ご当地物
など。

「ここでしか買えない!」
と思うと欲しくなりませんか?

申込める場所、
購入できる場所を限定しましょう!

また、場所には
「あなた自身」も含まれていることをお見逃しなく!

専門分野において
プロとしての信用レベルを上げて
「あなただから」でお願いされる価値を高めましょう^^

<活用例>

・お申込みできるのはこのリンクのみ!

・インスタライブ参加者限定

・個別相談お申込みの方限定

人材的限定感

誰でも買えるものより、
誰でも買えないものに価値を感じませんか?

「誰でも歓迎!」のように
お申込みが欲しい気持ちがにじみ出ている
言葉に人は心が動きません。

あなたの商品を買える人、
あなたのサービスを受けられる人
を限定
することで

「私もほしい!」
「私も申込める人になりたい!」
という気持ちを高めることができます。

<活用例>

・こんな方はお断りしています

・月商100万円を本気で目指している方にのみお受けしています

・申し訳ございませんが、40歳未満の方にはお伝えできません

まとめ

いかがでしたか?

1.時間的限定感

2.金銭的限定感

3.数的限定感

4.場所的限定感

5.人材的限定感

5つの限定感を活用して、
「今すぐ買わなきゃ!」
とお客様の背中を押してくださいね(^_-)-☆

あなたの想いが届きますように。

-ライティング, 言葉のチカラ
-, , , , , ,