ライティング 話し方伝え方

ブログが書けない人に教えたい!簡単に書ける「ラブレター構造」

ブログを始めたものの
ブログが書けない。

というあなた。

ブログではなく、
ラブレターなら書いたことがありますか?

「あります」という方は、
ブログも書けるので安心してくださいね^^

 

好きな人へのラブレターに限らず、

子どもの頃パパやママに書いた手紙
お友だちと交換した手紙

なども良いですね^^

 

ラブレターって誰に贈る?
想いが伝わるラブレターの書き方は?

これがわかると、
ブログも同じように書けるようになりますよ(^_-)-☆

ラブレターを贈るのは“たったひとり”

ラブレターを
一度に5人、10人と渡しますか?

いえ、

たったひとりの
あなたが想いを伝えたい人

に贈りますよね。

ブログも、SNSも同じです。

誰でもいいから読んでほしい。
と無差別にばら撒いても
読んでもらえません。

 

贈るのは、
たったひとり。

たったひとりに伝わらなければ、
多くの人に伝わる文章にはならないのです。

 

さぁ、
今日から誰に
ラブレターを届けますか?

想いが伝わるラブレターの書き方

伝えたいことがわかる

前置きが長い。
話題が二転三転する。
日記のような内容。

何が言いたいかわからない
手紙を、文章を、
一生懸命読むでしょうか?

 

途中で読むのをやめてしまったり、
最後まで読んだとしても
ただ文字を読んだだけだったり、

伝わらないのです。

 

ラブレターの基本は

結論
あなたのことが好きです

理由
なぜなら、、、

アクション(どうしてほしい)
お付き合いしてほしい。
LINEで返事をしてほしい。

 

これをブログに置き換えると、、、

結論
〇〇(あなたの悩みが)が
△△(解決した未来)になります。

理由
なぜ、役に立つのか。
なぜ、お得なのか。
なぜ、私が伝えられるのか。
なぜ、今なのか。

アクション(どうしてほしい)
メルマガ登録してほしい
イイね、コメントがほしい

この基本構造で伝えることで、

伝わるブログ

になりますよ(^_-)-☆

難しい言葉、堅苦しい言葉は使わない

専門用語が多い。
難しい言葉が多い。
丁寧すぎる。
堅苦しい。

で書くラブレターよりも、

自分と相手が
お互いに使う言葉。

親しみやすい言葉。

などで
書かれたラブレターの方が
想いが伝わります。

 

 

ビジネスであれば、

伝えたい相手(ペルソナ)が
日常的に使う言葉はなんだろう?

脳内で繰り広げられる言葉はなんだろう?

目に留まるキーワードはなんだろう?

のように

相手が使う言葉
相手目線の言葉

をいかに見つけられるかが大事!

 

売れている雑誌のキーワード
テレビ欄の言葉
テレビCMや映画のCM
電車の中吊り広告

売れている言葉、
人を引き付ける言葉を
日常的に見つけて集めておくと

言葉のマンネリ化も防げますよ(^_-)-☆

まとめ

いかがでしたか?

ブログやSNSは
ただの情報ではなくラブレターです。

届けたいたったひとりを想像し、

相手が使う言葉や
脳内にある言葉を
選ぶからこそ、
相手の心にひっかかるラブレターになります。

 

正しい言葉。
かっこいい言葉。
きれいな言葉。

よりも大切なのは、

伝えたい、届けたいという
感情が乗った言葉です。

 

今日、あなたは誰に、
どこからラブレターを贈りますか?

Instagram?
ブログ?
メールマガジン?

ぜひ、

フォロワーさんに向けて
メルマガ購読者に向けて

ではなく、

たったひとりの読者に向けて
想いいっぱいのラブレターを書いてくださいね(^_-)-☆

 

あなたの想いが届きますように。

-ライティング, 話し方伝え方
-, , , , , , , ,