キャッチコピー タイトル ライティング 言葉のチカラ

ライバルとの差を打ち出す言葉の選び方

難しいことを難しく伝えるのは
素人のシゴト。

難しいことを誰よりもわかりやすく伝えるのが
プロのシゴト。

多くのライバルや同業者がいる中で
「あなたの言葉」
が伝わるようになる”ライバルと差がつく”言葉の選び方をご紹介します^^

否定語は具体的な言葉に書き換えよう!

たとえば、

「自分が伝えたいことを
伝えるだけではいけません。」

のように、
否定されるだけで
相手の心は動くでしょうか?

中には悔しさをバネに奮起できる方も
いらっしゃるかもしれませんが、

多くの方が
「じゃぁどうすればいいの?」と
そこで止まってしまいます。

「あれだめこれだめ」
ではなく、
「こうしましょう!」
を具体的にわかりやすく伝えましょう^^

さきほどの
「自分が伝えたいことを
伝えるだけではいけません。」

を書き換えてみると・・・

▼ ▼

「相手が知りたいと探していることを、
相手が使う言葉で伝えましょう^^

あなたが伝えたいことを書くだけでは、
相手が自分ごととして受け止めにくいので
一方通行になってしまいますよ^^」

などいかがでしょうか?

あなたの書いた言葉の中に
「否定」で終わっているものはありませんか?

見つけたら、
ぜひアップデートしてみてくださいね(^_-)-☆

共感&信用信頼のチカラでライバルに差をつけよう!

ダメ!というだけなら簡単ですよね。

ですが、
ダメなことしか教えてくれない人から
教えてもらいたいと想いますか?

否定語は
注意喚起として興味を引くためには
効果的です。

その上で、
具体的な方法や
わかりやすい情報
を伝えることで、

あなたの言葉は
「伝わらない」から「伝わりやすく」なります。

さらに、

1)人(起業家)として共感される。
2)プロとして信用信頼される。

この流れを意識することで、
「あなたに教えてほしい!お願いしたい!」と
選ばれるようになっていきますよ!



なぜなら、
同じことを伝えていても

Aさんの言葉はすっと入る。
Bさんの言葉には抵抗を感じる。何も感じない。

などの違いは

あなたに共感しているか?
あなたを信用信頼しているか?

という部分で差がつくから。

お客様、読者の
「それが知りたかった!」
を引き出し、

「あなたなら解決できるんだ!」
という感情を引き出していきましょう^^

意外?!な見落としポイント

あなたの言葉が伝わるようになる、
同業者やライバルとの差がつく言葉にするために、

1)否定的な言葉を使わず、
わかりやすく&具体的に伝えよう!

2)人として共感され、
プロとしての信用信頼を得よう!

と2点お伝えしましたが、
意外と見落としがちな視点がもう1つ!

はじめましての人にわかりやすく!!

を忘れないでください^^

あなたのことを知り、
興味を持ってずっと見てくださっている方には伝わる言葉も、
はじめましての人に伝わらなければ
「ごく一部」にしか届きません。

誰が聞いてもわかる言葉
は必須です(^_-)-☆


池上彰さんをご存知ですか?
池上さんと言えば「わかりやすさ」

難しい言葉を噛み砕いて説明したり、
身近な例えに置き換えたり。

日銀って?CO2って?戦争って?

その言葉を知らない人でもわかるように
わかりやすく伝えるプロではないでしょうか?

だから、話に引き込まれる。
他のことも教えてもらいたくなる。

徹底的に研究し、置き換えたい伝え方です。

いかがでしたか?

言われてみると
意外と当たり前のことかもしれません。

けれど、
「わかっている」と「できている」には
差があり、
その差を埋めることで
ライバルとの差は広がります。

これから使う言葉は意識して、
今までに使った言葉や書いた記事は
一度見直してみてくださいね^^

そして、
否定語が多かったり、
専門用語やわかりにくさを見つけられたら
ぜひ書き換えてみましょう!


あなたの想いが届きますように。


-キャッチコピー, タイトル, ライティング, 言葉のチカラ
-, , , , , , ,