ライティング

3つの要素で伝わらない。を解消!

伝えてるつもりなのに
伝わらない。

わかりにくいと言われる。

「そういうつもりじゃなかったのに…」
と思うことがある。

 

そんな「伝わらない」を解消するためには
外せない3つの要素があるんです!

ぜひ、使いこなして
あなたの想いを届けましょう。

 

 

 

その1. 結論を相手に委ねていませんか?

具体的な「こうしてほしい」
というゴールを明確にせずに
話をしていませんか?

 

それでは
結論や目的の捉え方を
相手に委ねることになり、
伝わりにくい原因となってしまいます。

 

会話でも、
SNSでもブログでも、

してほしいことを
しっかり伝えましょう!

 

その2.具体例を示して現状維持を回避しよう

おいしい
もう少し
ちゃんと
○○に優しい
タメになる
効果的

 

このような表現を使っていませんか?

 

これらの言葉は
"なんとなく"
伝わるけれど、

 

見て・聴いて・すぐに
ピンとくる
表現ではありません。

 

ピンとこない言葉は
自分事になりにくく、

かつ、

具体的なイメージがわきません。



そうなってしまうと、
人は
「ふ~ん・・・」
「よくわからないからいいや」
「いったん保留にしよう」

などのように
現状維持
または
放置する傾向があります。

 

 

なんとなく伝わる言葉を
具体的なイメージに変えるためには

 

ヒト(誰が)
モノ(どのように)
トキ(いつまでに、どれくらいの時間で)

の3点を意識して伝えましょう!

 

また、写真イラストを利用するのも
視覚からイメージを共有できるので
伝わりやすく、
記憶に残りやすくなりますよ^^

 

その3. 結論と具体例を繋いで相手の「なぜ?」を払拭しよう

 

その1. その2.
でお伝えした
【結論 + 具体例】

 

この2つの要素だけでは
信憑性に欠け、
あなたの言葉を信じてはくれません。

 

「自分には関係ない」
と判断されたり

「なんでそうなるの?」
と話が突飛したように感じたり

してしまいます。

 

相手に自分事として
捉えてもらい、

疑問や不安を払拭して
納得してもらうためには

 

相手にとって役立つ
根拠が必要です!

 

根拠のない話は
信用・信頼・納得に繋がりません。

 

結論(してほしいこと)と
具体例(イメージ)を

根拠(事実や理由、想い)で
繋げましょう!

 

 

まとめ

 

結論-根拠-具体例

この3要素を使うことで、
あなたの言葉は
伝わりやすく変わります。

 

例えば・・・

【結論】
あなたにこのツールを使ってほしい

【根拠】
なぜなら、
キーワードを入力するだけで
AIが自動でデータを
作成する機能が増えたんです!

【具体例】
例えば、
このツールを使用することで

作業効率が良くなり、
SNS投稿にかかる時間が2時間→30分と
1/4に削減できます!

 

のように、
いかに自分にとって必要だと
自分事として受け止めてもらえるか。

3つの要素を
届けたい相手に向けて
伝えてみてくださいね。

 

あなたの想いが届きますように。

 

 

 

 

 

-ライティング
-, , ,